アウトドア用品の収納術

アウトドア用品を効率的に収納する収納術

アウトドア用品を効率的に収納する収納術 アウトドア用品とはレジャーで使用する物を指します。例えば夏には休日にバーベキューをされる方もいるでしょう。バーベキューとは野外でお肉を焼いてお食事をしたり、お酒を飲んで楽しみます。川辺で行われるバーベキューもあるため、ヤマメやニジマスを釣って家族で楽しむことができます。バーベキュー用品はアウトドア用品です。現在では貸出のサービスを提供するところもありますが、基本的には自分で道具を用意することになります。例えばお肉や野菜を焼くための焼き網、ドリンクを保存しておくためのクーラーボックスです。このようなアウトドア用品はバーベキューをした後に自宅に持ち帰り収納するのが普通です。もっと効率的にアウトドア用品を収納できる方法はないのか?と疑問を持たれたことがある方もいるでしょう。収納術を知ることで効率的に収納をすることができます。

初めの収納術は、ラックなどを利用して分類収納することです。市販、通販など様々な場所で購入できます。オープンラックなどを販売するお店もあります。オープンラックを使用すれば床から天井までの空間を立体的に使用できるため、アウトドア用品を収納する際に活用できます。また、そのままラックに収納するのではなく、収納ボックスを活用しましょう。収納ボックスがあることで見た目が良く、取り出す時も手間がかかりません。上段はなるべく軽量なものを置き、下段は上段よりも重い物を置くと安定するでしょう。また、ラックは地震が発生した時に倒れる恐れがあるため、地震対策用のグッズを活用して倒れにくい環境を作るとよいです。

次の収納術はコンテナボックスを活用することです。コンテナボックスとは収納ボックスと比較してサイズが大きく、バトミントンのラケットや虫除けスプレーなどのアウトドア用品を管理できます。コンテナボックスで管理すれば、次にバーベキューなどアウトドアを楽しむ時もコンテナボックス自体を車に積むことができるので、準備の手間を少なくできます。

最後の収納術はフックやスタンドを利用することです。アウトドア用品の中にはバーベキューの時に使用する焼き網だけでなく、自転車などのサイズが大きなものもあります。フックやスタンドを利用すれば見せる収納を実現できるため、お部屋のインテリアとしても活用できます。
このように数多くのアウトドア用品の収納術がありますが、今回はアウトドア用品を長持ちさせる収納術や洋服の収納術、キッチン用品の収納術などを紹介します。

お知らせ

  • [2017年02月17日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月17日]
    運営者情報を追加しました。